最後のクリームは必須です

未分類

クリームクレンジングと洗顔でしっかりと汚れを落としたら、基礎ケアで水分を補い潤いを与えます。ここまでの段階でも肌はしっとりしていますが、せっかく与えた水分や潤いもそのままではどんどん蒸発してしまいます。ここで必要なのがスキンクリームです。

クリームは少し油分が多いのでベタつくからという理由で敬遠されがちですが、スキンケアの仕上げには欠かせないアイテムです。スキンクリームの油分が肌の表面に薄い膜を作ります。油分の膜は簡単には蒸発しないので、与えた水分と潤いを閉じ込める事ができます。クレンジングから始まり、スキンクリームで仕上げるのが毎日行いスキンケアの基本です。必要に応じてマスクやパック、美容液をプラスするのも良い方法です。

スキンケアには力は必要ありません。クレンジングからスキンクリームまで、強く擦る事はせず、指の腹を使って優しくマッサージするように進めていきます。目元や口元は肌が薄いのでとてもデリケートです。肌が薄いので皮脂の分泌ができないため乾燥しやすい部分でもあります。刺激には特に敏感に反応するため、力が入りにくい薬指を使うのがオススメです。各ステップのケアの仕上げに、ハンドプレスを入れるとより美容成分の浸透力がアップします。

保水と保湿の違い

未分類

女の子クレンジングと洗顔の後は、どうしても肌が乾燥しやすいのですぐに基礎ケアに入ります。化粧水でたっぷり保水をしたら、次は乳液や美容液で保湿をします。

化粧品の種類にもよりますが、ベタつくのが嫌という理由で化粧水だけで済ませてしまう事がありますが、これは間違ったスキンケアです。肌の乾燥を防ぐには保水と保湿が必要で、省略していいケアはありません

化粧水で補水をしたら、水分補給ができるイメージですが、保水は肌が水分を維持する力を高めるケアです。化粧水で補水できますが、保水はシートマスクやパックを使う方が効果的です。保湿は肌に潤いを与えるケアとなっており、化粧水よりは少し油分の高い乳液や美容液が適しています。保水力をたかめ、次に保湿をするのが本来のスキンケアです。

夏はベタつきを嫌って乳液のような油分の高いアイテムを省略してしまう事がありますが、これではきちんとスキンケアができていないため、肌は乾燥してしまいます。季節によってさっぱりタイプやジェルタイプを使い分けるのもオススメです。

美容液は種類により化粧水の前に使う物があります。これは水溶性の美容液の場合ですが、油分の多い乳液を先につけると油分が膜を作り、美容液の浸透を妨げてしまうからです。スキンケアは使う順番を守る事も大切です。

洗顔はスキンケアの基本

未分類

スキンケアというと、化粧水や乳液で肌を整えるイメージがありますが、実はクレンジングや洗顔も含まれます。美肌の基本は洗顔からと言う言葉があるように、スキンケアを考えるなら洗顔から意識してください。

メイク品毎日のようにメイクをする人は、夜家に帰ったら必ずメイクを落とします。少しでもメイク汚れが残っていると肌に負担をかけますし、スキンケアの意味がなくなってしまいます。メイクは必ずクレンジングで落としましょう。クレンジングはメイクなどの油性の汚れを落とし、洗顔は皮脂や古い角質を落とす役目があります。

クレンジングを使う場合はメイクの種類でタイプが変わります。ウォータープルーフのメイクは落ちにくいのはメリットですが、専用のクレンジングやリムーバーを使わないと落とせませんので、必ず専用の物を使いましょう。

クレンジングはオイルが一番汚れ落ちが良いのですが、肌への負担が大きくなりがちです。ミルクタイプは肌への負担は軽減されますが、メイクの種類によっては落ちない事があります。メイクの種類でクレンジングを使い分ける事もできます。

クレンジングも洗顔もゴシゴシと擦らず優しくマッサージするような感覚で行います。洗顔はたっぷりの泡を作り、泡で包み込むように洗います。泡立てネットを使うとどんな洗顔料でも簡単に濃密泡が作れます。泡洗顔の時は泡パックをするのもオススメです。肌に直接手が触れないよう、泡を潰さず泡で洗うイメージです。ぬるめのお湯でしっかりと洗い流すのもポイントです。