保水と保湿の違い

未分類

女の子クレンジングと洗顔の後は、どうしても肌が乾燥しやすいのですぐに基礎ケアに入ります。化粧水でたっぷり保水をしたら、次は乳液や美容液で保湿をします。

化粧品の種類にもよりますが、ベタつくのが嫌という理由で化粧水だけで済ませてしまう事がありますが、これは間違ったスキンケアです。肌の乾燥を防ぐには保水と保湿が必要で、省略していいケアはありません

化粧水で補水をしたら、水分補給ができるイメージですが、保水は肌が水分を維持する力を高めるケアです。化粧水で補水できますが、保水はシートマスクやパックを使う方が効果的です。保湿は肌に潤いを与えるケアとなっており、化粧水よりは少し油分の高い乳液や美容液が適しています。保水力をたかめ、次に保湿をするのが本来のスキンケアです。

夏はベタつきを嫌って乳液のような油分の高いアイテムを省略してしまう事がありますが、これではきちんとスキンケアができていないため、肌は乾燥してしまいます。季節によってさっぱりタイプやジェルタイプを使い分けるのもオススメです。

美容液は種類により化粧水の前に使う物があります。これは水溶性の美容液の場合ですが、油分の多い乳液を先につけると油分が膜を作り、美容液の浸透を妨げてしまうからです。スキンケアは使う順番を守る事も大切です。